名前で商品の売れ方が変わる、大切なネーミング

が上がったとのニュースが出ていました、かつてから、打っていたのですが、それには、しょうひんに対する、製造した会社の思いがこもった、ネーミングです、しかし、専門的な言葉で、消費者には分かりにくかったのでしょう、そこで新たに作られたネーミングは、商品そのもののイメージをふくらましたものに成りました、消費者には、商品を買うときにエーミングで、判断することが多いのです、あかなか説明文を読む人は少ないのです、まして靴下なのですから、メーカーの思いと消費者では見る所が違うのですね、一目で伝わるネーミング、イメージで伝わるネーミング、ゴロの良さで伝わるネーミング等、色々あるのだと思いますが、商品を売る場合大切なネーミング、今回は暖かい靴下を、暖かいを、他のもので、表現したのです、それはこたつだったのです、ほんわかと暖かい、分かりやすく表現しただけなのですが、売り上げは大きく変わって来たのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です