即位の礼を見ることができるのは二度目だが

現皇太子様が新天皇に側位された後に行う即位の礼が2019年10月頃に行われる予定であるという記事を読んだが、
今上天皇の即位の礼の時はあまり関心がなく、ちゃんと見ていなかったので、今回はしっかり見たいと思う。
天皇陛下が行う、数ある儀式の中でも最も大事なもののひとつであろうと思うが、大昔から同じように行ってきたと思うと凄いことだと思う。
新天皇は第126代であるが、これほど長く続いている皇室はない。あるサイトによれば、天皇の国際的な権威はイギリス女王以上、
ローマ法王と同等またはそれ以上と書いてあったが、まあこれは賛否両論あるかもしれないが。きっとすごいオーラを纏っているのだろうな。
TVのニュースで見て思うが、被災地に、首相など政治家が見まいに行くより天皇陛下が行かれる方が何倍も勇気づけられると思う。
まあ、お会いすることはないだろうが、天皇陛下を目の前にしたらどんな気持ちになるのだろうか。
まあ、次回の即位の礼はちゃんと見てみたい。
それから、海外から何か国、どのくらいのレベルの要人が参列するのかも興味がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です