紅白の視聴率が40%割れたって言うけどさ

まあ、今回の紅白はコラボレーションが裏テーマだったみたいだけど、それはフジテレビの企画を頂いてしまったそんな感じを受けました。
実質色々な事を後ろに用意していましたけど、それをやればやるほど薄い感じになって言ってるよね。もう紅白の存在意義も怪しい物です。
出場歌手の決め方も一応提示されてるけど、全世代の意見が反映されているとは思えない訳です。

何故なら、こちらが出て欲しいであろうアーティストのB’zやGLAY、LUNA SEA、Mr.Childrenなんかは無視して
選考が行われています。だから、可笑しいことになって演歌の枠が減り、ポップス枠が増えたなんて感じになってますけど
正直もう少し出場歌手を頑張ればまだまだいけそうな気がします。

そこを頑張らないから、毎年薄い感じの歌番組になっている訳です。紅白が凄いって言いたいんなら
来年は出場歌手を真剣に選んで欲しいと思う。今回、三山ひろしさんが歌っている時などはけん玉が
気になって歌が入ってこなかった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です